トップ > メンバー > 多々納裕一 教授
オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人
言語の選択:
912740
 Prof.Tatano
 多々納 裕一  教授
 
 研究キーワード
 防災経済学,計画理論、災害リスクガバナンス
 

略歴


 1961年6月 島根県出雲市に生まれる

 島根県簸川郡大社町で18年間を過ごす.


学歴


 1980年3月 島根県立大社高等学校普通科卒業
 1984年3月 京都大学工学部土木工学科卒業
 1986年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻修了

 1993年3月 京都大学博士(工学)取得
 

職歴


 1986年4月-1988年3月 島根県土木部 技師(川本土木建築事務所八戸ダム管理所勤務)

 1988年4月-1993年3月 鳥取大学工学部社会開発システム工学科 助手

 1993年4月-1998年4月 鳥取大学工学部社会開発システム工学科 助教授

 1994年4月-1996年3月 京都大学防災研究所水資源研究センター 助教授(客員部門)併任
 1996年1月-1996年10月 国際応用システム分析研究所(IIASA,オーストリア)研究員

 1998年4月- 京都大学防災研究所総合防災研究部門 助教授
 2003年8月- 京都大学防災研究所総合防災研究部門 防災社会構造研究分野 教授

 
所属学会

 ・国際総合防災学会(IDRiM)
 ・土木学会(計画学研究委員会)
 ・水文水資源学会
 ・日本オペレーションズ・リサーチ学会
 ・日本応用地域学会
 ・国際地域学会
 ・日本リスク研究学会
 ・日本都市計画学会
 ・日本自然災害学会


業績はこちら